第143回関東連合産科婦人科学会
第143回関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会 お問合せ HOME
HOME HOME
会長挨拶 会長挨拶
演題募集/採択結果 演題募集/採択結果
参加者の皆様へ 参加者の皆様へ
プログラム・その他ご案内 プログラム・
 その他ご案内
事前参加登録セミナーのご案内 事前参加登録
 セミナーについて

事前参加登録セミナーについて


すべて現地開催のセミナーです。
いずれも第143回学術集会に参加登録いただいた方が申込み対象となります。
学会の参加登録は、5月16日(月)より開始を予定しております。
個別のお申し込みと合わせて、必ず第143回学術集会の参加登録をお願いいたします。
1.明日から使える!役立つ!産婦人科超音波セミナー
日 時: 6月18日(土)12:00〜16:30
会 場: 第1会場(3階 コスモスT)
定 員: 100名
対 象: 専攻医、専門医取得前後まで。他職種(検査技師、助産師など)、学生、研修医も参加可能です。
参加費: 第143回学術集会参加費のみ、セミナー参加費は無料。
内 容:
産婦人科のみならずあらゆる診療科や領域で超音波検査が行われています。超音波検査は簡便かつその非侵襲性より、画像診断のfirst choiceとして使用されますが、他の医療画像モダリティーと異なり、検査者自身が画像を構築するためその画が出せるのか出せないかで診断能力に差が出てしまいます。しかしながら、超音波検査技能を系統的に習得する機会は殆どないのが現状です。本セミナーでは専攻医、専門医取得前後の産婦人科医師を対象に超音波検査のコツ、技能を伝達するのが目的です。当日は座学だけでなく、実際に妊婦をモデルとして超音波検査の実際を供覧するライブデモも予定しています。
さあ、明日から使える!役立つ!超音波検査技能を持って帰りましょう。

タイムスケジュール予定

時刻 タイトル 講師 座長
12:00〜13:00 ランチョンセミナー1
「癒着胎盤の妊娠中と術中の診断」
牧野真太郎 村越 毅
13:00〜13:20 休憩    
13:20〜13:50 胎児中枢神経の見方 ※ 市塚清健 松岡 隆
13:50〜14:20 胎児心臓の見方 ※ 小松玲奈 松岡 隆
14:20〜14:35 休憩    
14:35〜15:25 ライブデモ
中期スクリーニングの見方
コ中真由美 松岡 隆
15:25〜15:55 双胎の見方 村越 毅 市塚清健
15:55〜16:25 分娩の見方 松岡 隆 市塚清健

※:産婦人科領域単位付与セッション予定(申請中)

申込み締切:6月6日(月)18:00
※定員に達し次第終了します。

参加申し込みはこちらから


2.母と子のメンタルヘルスケア研修会
日 時: 6月18日(土)13:20〜16:20
会 場: 第5会場(6階 601)
定 員: 48名
対 象: 婦人科医師、助産師、公認心理師など。
参加費: 第143回学術集会参加費のみ、e-Learning受講及び受講修了証発行に関する事務手数料は別途3,000円。

内 容:

座長:埼玉医科大学総合医療センターメンタルクリニック  安田貴昭

「うつと不安のメンタルヘルス」 

演者:昭和大学東病院精神神経科 高塩 理

「これまでの歩みとさらなる支援へ」

演者:さがらレディスクリニック 相良洋子

申込み締切:5月30日(月)予定
詳細、申込みについては、以下ページよりご確認ください。

参加申し込みはこちらから


3.ハンズオンセミナー「OGOG プロジェクト〜創閉鎖のBest Practice(浅筋膜・真皮縫合を中心に)〜」
日 時: 6月18日(土)14:30〜16:30
会 場: 第6会場(6階 606)
定 員: 22名
対 象: 医師(研修医含む)
参加費: 第143回学術集会参加費のみ、セミナー参加費は無料。

内 容:

「OGOG プロジェクト〜創閉鎖のBest Practice(浅筋膜・真皮縫合を中心に)〜」
一般的な外科手術において確実で良好な創閉鎖を行うためには,1)tissue coaptation:切離された組織を,各層,各膜を組織学的に接合し,元通りの抗張力を維持させること,2)blood supplied edge:coaptationさせた組織断端が,良好な創傷治癒が得られるのに十分な血流を維持すること,3)bacterial control:手術創は必ずしも無菌ではなく,菌の定着や増殖を抑える方法を取ることの3 要素が必要です. それらの要素を踏まえて,本ハンズオンセミナーにおいてはケロイド・肥厚性瘢痕のリスクを低減させる為の縫合方法を腹部浅筋膜構造を反映した新しい腹壁モデルを用いて実践して頂きます.また,産婦人科医として留意すべき創部の解剖学的構造と,産婦人科領域における特有のリスクや創閉鎖のエビデンスについて紹介します.

座長:昭和大学 関沢明彦
演者:富山県立中央病院 草開 妙
順天堂大学 平山貴士

(共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社)

申込み締切:6月17日(金)18:00
※定員に達し次第終了します。

参加申し込みはこちらから


4.日本母体救命法普及協議会J-MELSベーシック・インストラクターコース
日 時: 6月19日(日)
8:00〜12:00    J-MELSベーシック・インストラクターコース
13:45〜17:45  J-MELSベーシックコース
会 場: 第8会場(7階 706)
定 員: 各回18名
対 象: 医師、助産師、看護師
参加費: 第143回学術集会参加費のみ、登録受講料(3,000円・認定料含)は別途3,000円。

本セミナーに関する問い合わせ先:
日本母体救命システム普及協議会事務局(日本産婦人科医会内)
E-mail:jcimels@gmail.com  電話:03-3269-4739

申込み締切:5月25日(水)
詳細、申込みについては、以下ページよりご確認ください。

参加申し込みはこちらから




新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止徹底のため、現在運営事務局はテレワークを実施しております。
恐れ入りますが、当面の間原則EMAILにてお問合せいただきますよう、よろしくお願いいたします。

関東連合産科婦人科学会学術集会事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-7 麹町パークサイドビル402
TEL : 03-3288-0993 FAX : 03-5275-1192 E-mail :

COPYRIGHT © 関東連合産科婦人科学会