関東連合産科婦人科学会
会員ログイン 代表挨拶
総会・学術集会
学会誌
定款
公告
利益相反
役員構成
事務局案内
ICカードについて
求人施設一覧
関連リンク

 関東連合産科婦人科学会会誌 オンラインジャーナル

<< 学会誌へ戻る
<< 前のページへ戻る

第124回学術集会(平成24年10月28日(日))

【一般演題】
成熟奇形腫より発生した悪性黒色腫の一例


小河原 由貴, 佐藤 美紀子, 竹島 和美, 北山 玲子, 宮城 悦子, 平原 史樹
横浜市立大学附属病院産婦人科


【緒言】成熟奇形腫の一部が悪性黒色腫に転化し,腹膜播種を呈したが寛解した非常に稀な一例を経験したので報告する.【症例】54歳女性,1妊1産.下腹部腫脹を主訴に前医受診し,腹腔内腫瘍を指摘され当院紹介.画像上骨盤内左側に内部不均一な約4cmの腫瘤,骨盤内右側に奇形腫を疑う6cmの腫瘤,大網播種,胸腹水を認めた.腫瘍マーカーはCA125,CA19-9が上昇しており,腺癌と思われる細胞が検出された.内診上摘出困難と判断し,卵巣癌術前化学療法(Paclitaxel+Carboplatin:TC療法3サイクル)を施行したところ,左骨盤腫瘍縮小,胸水消失,腹水の減量が得られた.開腹術を施行したところ左卵巣は正常大,ダグラス窩に黒色3cm大の播種巣を認め,肉眼的には脂肪織を含む成熟奇形腫であった.単純子宮全摘+両側付属器摘出+体網切除+腹膜播種切除施行,完全手術となった.右卵巣には12cmの腫瘤を認めた.病理検索では右卵巣に成熟奇形腫内に悪性黒色腫を認めた.腹水細胞診は陽性であり,卵巣癌2c期(ypT2c(2)NXM0)の確定診断とした.術前化学療法が奏功したことから術後補助化学療法としてTC療法6サイクルを追加.現在治療終了後4ヶ月で再発所見無し.【考察】卵巣成熟奇形腫に発生する悪性黒色腫は非常に稀であり,報告例では予後不良である.本症例では摘出術と化学療法により完全寛解を得た.再発した際にはインターフェロン併用した治療や分子標的療法も考慮すべきである.


関東連合産科婦人科学会誌, 49(3) 465-465, 2012


一般社団法人関東連合産科婦人科学会事務局 〒102-0083 東京都千代田区麹町4-7 麹町パークサイドビル402 株)MAコンベンションコンサルティング内
TEL:03-3288-0993 FAX:03-5275-1192 E-mail:kantorengo@jsog-k.jp
Copyright (C) 一般社団法人関東連合産科婦人科学会